見直すポイント

保険にはいくつかの種類がありますが、見直すポイントは種類によっても異なります。例えばがん保険の場合、今のがん保険はガンと診断された時に給付金が受け取れる「診断給付金」が主流です。1990年にはまだ主流ではなかったので、これ以前に加入したがん保険を継続している場合は、診断給付金が付いていない可能性があります。

女性保険は女性特有の病気になった時に補償が受けられるものです。保険の期間が決まっていると、若い時に加入している人は、40代から50代という女性特有の病気のリスクが高まる時期に、保険が切れてしまいます。この場合は新たに加入すればいいのですが、年齢が高くなるほど保険料も高くなるので、見直すなら早い方がお得です。可能なら終身保険を選びましょう。

医療保険は病気になった時加入しておくと安心ですが、今と昔では補償内容が大きく変わっています。入院した場合の日額補償は現在10,000円となっていますが、昔の保険は半額かそれ以下です。入院した時に日額補償が違うだけでもかなり負担は変わってきますので、日額補償は多い方が安心です。

掛け捨て保険は月々の保険料が安いのはメリットですが、保険を使わないまま満期を迎えると結果的に毎月お金を無駄にしているのと同じです。保険料は高くなりますが、貯蓄性のある保険の方がトータルで考えるとお得です。

見直すタイミング

保険を見直すタイミングはいろいろありますが、わかりやすいのは「結婚した時」や「子供が生まれた時」です。他には就職した時、家を建てた時、子供が独立した時、退職した時など、人生の節目となる時に、保険の見直しをするのがおすすめです。

これ以外に保険を見直すのは、リストラ、離婚、転職、支出が増えた時などがあります。いずれの場合もライフスタイルや環境の変化を、保険見直しのタイミングにする事もできます。

保険見直しは人生の節目に行うのが良いと言いましたが、時間的な余裕も必要です。見直しをする場合にもじっくり検討が必要ですから、時間に追われてバタバタと決めてしまうと、後で後悔する事になります。いま加入している保険が満期を迎えるというのも、保険見直しのチャンスです。この場合は満期ギリギリよりも、少し早めに見直しをしておきましょう。そうしないとそのまま同じ内容で更新する事になってしまいます。

また保険の種類によっては、加入に年齢制限を設けているものがあります。この場合も年齢を超えてしまうと加入できませんので注意してください。一般的には年齢が高くなると保険料も上がっていくので、早めの見直しをすれば保険料が安く済みます。

ただし貯蓄性のある保険は、見直しをするとかえって損をする事になるので、この場合は十分に検討が必要です。生命保険といっても、その種類は様々です。個人で探すことに不安を感じた時は、専門窓口などに相談するのも良いでしょう。

保険見直しについて

今は健康そのものでも、この先に何があるかは誰にもわかりません。突然病気になったり、事故に遭って障害が残ってしまったりする可能性はゼロとは言い切れません。もしそうなった時に様々な補償が受けられれば安心です。保険にはいろいろな種類がありますが、安心を買うのが保険です。

殆どの場合一度保険に加入したら、満期を迎えるまでそのままの人が多いのではないでしょうか。保険は一度加入したら終わりではなく、定期的な見直しが重要です。というのも加入した時と、数年後では環境や健康状態も変わっている可能性があるからです。

年をとれば病気にかかるリスクが増えたり、怪我をする事も増えるかもしれません。こういう時、保険に加入していても、今の自分に必要な補償がなければ意味がありません。保険飲み直しは不足しているものをプラスするだけでなく、不要なものをカットする事もできます。

年齢によって人の健康状態は変わりますし、家族構成なども変わってきますから、人生の節目には保険の見直しをしましょう。今まで一度も加入しているが保険の見直しをした事がない人に、保険見直しのポイントを紹介します。

保険を見直すおすすめのタイミングや、どんな補償をつけたらいいかなど、知っているようで知らない事はたくさんあります。保険の見直しはいつでもできますが、早いほうが保険料が得になることもあるので、思い立ったら見直しをしてみてください。ムダを省けるのも見直しのメリットです。